KeySmithWorld ブログ 〜食べ盛りのエンジニア〜

弊社メンバーの業務・飲食店様向け情報・食事の事などについて書いていきます!

インターンに参加し、気付いたこと

 

はじめに

インターン生として働かせていただいている原田と申します。今月の4月をもちましてインターンを終了するので、僕のインターン生活についてを書かせていただきたいと思います。

 インターンが始まるまで

あらかじめプログラミングの世界に興味があり、時間的に余裕があったので、将来役に立つことをしようと思いプログラミング系の会社でインターンをすることを決意しました。

インターンを探す際、千代田線沿いにあること、食事に関係すること、技術書がたくさん置いてあることの三点に惹かれkeysmithworldに面接を申し込むことにしました。面接の際に、とても緊張したことを今でも覚えています。面接でおもいを伝え、無事にインターン生として採用されました。

 

 仕事

面接を受け、無事にインターン生として採用された際、パソコン関係の授業を大学の授業で少し受けていたので、仕事に多少はついていけるのではないかと思っていました。しかし、いざ蓋を開けてみると授業で学んだ内容はわかっていた気になってだけで、実際に使ってみるとわからないことだらけでした。

はじめwebページ制作を担当することになったのですが、そもそもパソコンやネットワークはどのように動くか、専門用語すらしっかりと分かっていなかったため、周りの方から作業に移る前にパソコンやネットワークの仕組みといった内容の本から勉強をしたほうが結果的に良いとアドバイスをいただき、初歩的な内容から勉強をやり直しました。今振り返っても初歩的な内容から勉強をしてよかったと思います。

初歩的な学習を終え、やっと作業に取りかかれると思った矢先、一つのページ制作にも様々な言語がコードに存在し、コードを見てもどうゆう意味があるのかわかりませんでした。それからは、先輩の方々からプログラミングの勉強の方法を教えていただいたり、会社にある技術書を貸していただくなどし、html,css,php,wordpressなどの学習を行うことで,なんとかwebページの制作に取り組めるようになりました。

 プログラミング以外の経験

経験出来たことはは多々あり、全てを書くことはできないのですが、作業していく過程でGitを用いた作業の共有、ターミナル(コマンドプロンプト)の使用、プログラミングを仕事としてやっていらっしゃる方々との交流など普段の学生生活ではあまり経験できないことも経験することができました。

そのほかにも、定期的に行く食事会では、予約が大変な店にも行くのでとても貴重な経験になりました。どの店も美味しかったです!

←お気に入りになった、焼肉ジャンボのカレー

 

 

 

インターンを通じ考えたこと

僕は11月から3月の間のインターン生活だったのですが、諸事情により一ヶ月ほど抜けてしまい実質三ヶ月間しか働いくことができませんでした。もし仮に三ヶ月間、自分一人でプログラミングの勉強に取り組んだとしても今くらい出来るようにはならなかったと感じます。

また、学校生活では同世代と話すことがどうしても多くなってしまうのですが、インターンでは様々な年代の方のお話をする機会があり、人生について考えさせられる場面に多く遭遇しました、今後、必ずプログラミングに携わる道に行くのかはわかりませんが、どの道に進むにせよ今回のインターンは大変良い経験になりました。